小骨です☆舞台で輝くために・解剖学~表現

小骨です☆

MOVEママが、バレエ指導していて長年に渡り

「何かが上手く伝わらない?」

漠然とした???があったらしい。

WebやSNSの時代がやってきて、

横の繋がりができたことで、同じ想いの人達が沢山いたことを知ったの!

ママは、日本のバレエ史にも布石を残した故・貝谷八百子先生の元で、

ポギーとベス

・舞台で役をこなすこと

・たとえ郡舞でも意味のある存在であること

・振付の動きそのものがセリフであること

その作品の中でも欠けてはいけない1個のコマなんだ!

自分も舞台という空間に存在していなければ!

舞台やリハーサルを通して学ぶことができてラッキー!

MOVEママは八百子先生に大感謝だそうです☆

でもね残念なことに、

当時はバレエ解剖学なんてなかったし

ボディワークもこれと言ったものも思い当たらない(笑)

自分のカラダの機能と向き合うより、表現としての動き優先だった。

ママも現役の頃は、背骨の柔軟性で苦労していて重度の腰痛持ち😢

当時はそんな怪我を抱えて踊っていた人たちは沢山いた訳よ!!

解剖学はママの病気(リウマチ)が切っ掛けでお勉強しだして

「あれ~~、もっと早く身体の機能を知っていれば~~」

という事で、ダンス解剖学にどっぷりつかった訳でして☆

バレエテクニックやケガへのアプローチは取り合えずクリアになった!

でもまだ、ダンサーの踊りがしっくりこない???

表現力?

それは、伝えてるつもりだけど???

でも、上手く伝わらない???

そんな時、エモーショナル・トレーニング考案者

水井博子さんとママは出会ったんだって☆

初めて二人でお話をした時は

?だらけの頭の中のドンヨリ雲がパッ~無くなってね!!

もう、時間忘れて話し込んだらしい(笑)

表現力はトレーニングできるんだ!

MOVEで、博子さんのワークショップを開講するたびに

参加した人達の変化と、ヒロ子メソッドの進化を感じるのです☆

水井博子さんは、春から夏はアチコチのスタジオ訪問で大忙でしたね。

この秋には東京で開催です。コチラ

MOVEでも来年開講したいな~

バレエテクニックも練習しなきゃ上手くならないけど

効果的なレッスンには解剖学的なことも大切だし

舞台で輝くためには「表現力」がとても大事だよ☆

と、いうお話。。。

小骨でした☆

STUDIO・MOVEワークショップ

スタジオMOVEのクラスの様子や、バレエだけでなくボディワークやセミナーなどの情報おしゃべり

〒465-0095名古屋市名東区高社2-158-1[地下鉄東山線一社駅下車 徒歩5分] tel&fax. 052-779-0756 E-mail. info@studio-move.net

PAGE TOP ▲